Project-OneBridge

2050年問題。これから先の未来、避けては通れぬ困難が私たちを待ち受ける。さて、今を楽しんでいる暇があるの?

2019センター試験を振り返って

受験生・浪人生の皆さん、お疲れ様でした。平成最後のセンター試験、今年も色々な伝説が作られ、狂喜乱舞であったこと間違いなしでしたね。思うようにいった人もいれば、なかなか思うようにはいかなかった人もいたと思いますが、一先ずこの濃い2日間の内に何があったのか、ゆっくり振り返っていきましょう。

 

 

目次

1.おしゃべり役立たず  森惠 (日本史A)

2.ふるさと納税が出題される(倫政)

3.姫に恋しちゃった吾輩は狐である。(国語)

4.野菜の化け物(リスニング)

5.漸化式⁈  確率 p で大荒れ(数1A)

6.原子物理がついに出題される(物理基礎)

7.しつこいメガネ(物理)

 

基本的に僕が受験した科目しか書けないので、それ以外でも何かあったら、コメントください!随時更新していきます!

 

 

 

 

1.おしゃべり役立たず  森惠(日本史)

 

まずは、こちらを読んでみてください。

f:id:kannkiti2013:20190120163920j:image

f:id:kannkiti2013:20190120163923j:image

簡単に話のあらすじを言うと、高校生の翔太君が大学生(姉)の森惠に対して、合唱コンで歌う曲について意見をもらおうとします。すると森惠は、唐突に自分の知識をひけらかし、ひけらかし。そして終いには、話を戻そうと翔太君がもう一度、合唱コンの意見を聞こうとしたところ、

「それは自分で考えなさい」

である。

散々勝手に話だして、「それは自分で考えなさい」である。長話に付き合ってあげた翔太君が、かわいそうな一文であった。

ちなみに、大手予備校が行う模試などには、こういった社会科目のリード文に色々とネタを仕込んでくることが多い。著作権上それらの一部をも公開することはできないが、ぜひ気にしてみてほしい。

 

 

 

 

2.ふるさと納税が出題される(倫政)

 

政経でも同じ問題が出題がされていたが、このように、なにかと旬な話題を入れやすいのも、社会科目の面白いところです。

調べてみると、ふるさと納税が始まったのは2008年と、意外と昔なことに驚きです。しかし、ここ数年話題に取り上げられてきたということもあって、旬でした。

特にふるさと納税といえば、返礼品でしょう。センター試験の一月ほど前にも、とある返礼品について、一悶着ありました。

それこそは佐賀県みやき町。なんと返礼品にアマゾンギフトカードがあげられておりました!これは流石にふりさと納税の意義を見失っていると言わざるを得ないものでした。

やはりその地域特産の返礼品において競争することが、地方創生に直結すると言えます。しかし、アマギフではただ税収を増やすだけで、地方創生には直結するとは言い難く‥‥

どうやら法には引っかからないそうですが、国から勧告をうけ(そりゃあそうじゃ)、2018年12月30日をもって、アマギフは停止しました。

f:id:kannkiti2013:20190120170655p:image

来年は何が出題されるでしょうか?僕が思うに、来年はやはり天皇の国事行為に関しての出題があるだろうと予想します。2019年4月1日をもって、平成から新たな年号へと変わります。そうなれば国事行為に関して、必ずニュースでも取り上げられるでしょう。(というか本日2019年1月20日でも既にニュースに取り上げられてました)

 

 

 

 

3.姫に恋しちゃった吾輩は狐である(国語)

 

国語の中でも一際評判が高かったのは、国語の古典でした。姫君に恋しちゃった雄の狐は、人間の女性に化けて、姫君とキャッキャウフフな物語させ給ひにけりというものでした。また、正体を明かせない、そんな立場であるゆえに永遠に実らぬ恋として、非常に切ない終わり方をしたことでも印象深かったです。

Twitterを見る限り受験生の反応としては、レズビアン的な、あるいは男の娘的な要素に惹かれて、感謝感激雨霰であるという感想が多かった印象です。

国語は毎年事欠かないコンテンツです。来年はどんな物語が、私たちの心を揺さぶってくるのでしょうか?

 

 

 

 

4.野菜の化け物(リスニング)

 

f:id:kannkiti2013:20190120172243j:image

 

見ての通りです。

 

Twitterで検索かけてみてもらったら、死ぬほどコラ画像あるんで、私からはそこまでこの絵については語りません。

ただ一つ言いたいのは、リスニング第1問、これです。もうね、これ絶対SNSで話題になるやつだって、試験受けながら思ったね。てか、受験生みんな思ったよね、これ。

もしかして、試験開始前にカンニングしたやつを炙り出すために、わざとネタを仕込んでいるのでは?とTwitterで意見する方もいましたが、ワンチャンそれ、あり得る。

ちなみに、かつて2013年リスニング第1問は、こんな感じ。

f:id:kannkiti2013:20190120173211p:image

これもなかなかだなと思います。だって、ぱっと見て違いがよく分からないし、一体何故にこんな格好をすることになるのか、見当がつかないですしね。

ま、今年もセンター名物、見れてよかった。

 

 

 

 

5.漸化式⁈ 確率 p で大荒れ(数学1A)

 

まずは、問題を見てくださいな。

f:id:kannkiti2013:20190120173822j:imagef:id:kannkiti2013:20190120173826j:image

騒動になったのは、第3問の(3)、クとケです。1回目に白袋から白球を取り出す確率をpと置いて、2回目にどうなるかをpを用いて表す問題でしたが、出来不出来の差は、pの余事象、つまり1-pを考えられたかどうかでしょう。

これは、任意の試行回数を終えた後の確率を文字で置き、次の試行における確率を求めるという、数学2Bの確率漸化式の内容によく似ています。ここでは、任意の試行回数ではなく、1回目、2回目に限定しているものの、考え方は必然的に確率漸化式のそれになることは避けられません。そう、やはり確率漸化式でも、余事象を考慮に入れて立式するという、今回の問題のポイントと同じ発想をするのです。

とはいっても、確率漸化式はセンターでは出ないし、文系には手薄になりがちなところ。また、そもそも1Aの確率で、こんな問題が出るなどとは思いもしないという先入観から、手が止まってしまった理系諸君もいたのではないかと思います。

確率 p なんと恐ろしい。新しいセンター数学の歴史に間違いなく刻まれる1題となったでしょう。

ちなみに p と聞くと、2013年センター数学1Aで、動点 p が話題になりました。

f:id:kannkiti2013:20190120175150j:image

どうやら p は、受験生を落とす死刑執行人のようです。

 

 

 

 

6.原子物理がついに出題される(物理基礎)

 

2015年、新学習指導要領が施行され、物理においては原子物理が参入してきました。とは言うものの、それからのセンターにおいての原子物理の扱いは、専門科目の物理の方で選択科目に登場するくらいでした。

しかし、今回2019年、物理基礎では、やっとこさ原子物理の内容が!

f:id:kannkiti2013:20190120180244j:image

専門科目の物理の方ではどうだったのかな?必答問題にも原子物理が顔だしたかな?ちょっと文系の私には分からないですが、もし理系の方で物理受けた方は、コメントで教えてください。ちなみに、この写真僕の問題用紙なんだけど、あってるよね‥?

 

 

 

7.しつこいメガネ

まずはこの画像から。

f:id:kannkiti2013:20190205235409j:image

おそらく慣性の法則に関する問題でしょう、よく見るタイプの問題です。ところでその車両の中には、ボールを持った子どもが見えますか?ここメガネ君が、今回の話題の中心人物になります。

結果から言うと、このメガネ君、実はこの問題だけではなく、大問をまたいで別の問題にも出てきます。

それがこれ。

f:id:kannkiti2013:20190205235348j:image

f:id:kannkiti2013:20190205235714j:image

おそらく光の屈折など扱った光学の問題でしょうか。多くの物理受験者は思ったはず。あれ、このメガネ、どっかで見たなあ‥。

なぜにコイツにここまでこだわったのか、謎は深まるばかりですが、一つ言えることは、

f:id:kannkiti2013:20190205235927j:image

メガネ君と姉ちゃんは仲が悪い、ということです。

 

 

 

 

 

 

さてと、改めまして、センターお疲れ様でした!結果の良し悪し、人によりけり だと思われますが、どんな結果であれ、大事なのはこれからです!

皆さんは何のために勉強をしていますか?大学に受かるためというなら、それはどうでしょうか?むしろ大学こそ、勉強をするところなのであって、そして勉強は生涯していくものとも言われますから、勉強は大学受験で終わるのではないのです。

むしろ、大学で何をするのか、また、大学で勉強するにしても、いかに学ぶのか(積極的に学ぶのか、受動的に学ぶのか)の方が大事なことのように思えます。

もちろん、出来た出来なかったという、現実から逃げてはいけないのかもしれませんから、自己採点も、明日までにしたら良きでしょう。しかし、なによりも大事なことは、大学に向けて心構えや志を定めるなど、内的な準備です。

なんとなーく大学に来て、友達に宿題見せてもらって楽をして、酒飲んで女と遊んで、卒論だけは頑張ってやって‥‥。はっきり言って、多くの大学生はそう(だからこそ、大学生は遊んでばかりと子ども達に思われがち)なのです。

だから、失敗しても、へこたれないでね!ダイジョーブ!うまくいっても、足元をすくわれないよう気をつけて!皆様の生涯学習がより良いものになりますやうに。そして僕も二次試験に備えていきます!

2019センター国語を振り返って

どうもです!センター試験1日目、受けてきました!国語の出来はどうでしたか?

f:id:kannkiti2013:20190119194328p:image

さて、何かと話題の多いセンター国語。今年はどんなだったか、簡単にまとめると

 

大問1 翻訳ってむずいね

大問2 草大好き!庭おじさん

大問3 狐、禁断の恋

大問4 杜甫の話

 

今年も面白い話に満ち満ちておりました。一つずつ紹介していきます。

 

 

大問1 翻訳ってむずいね

翻訳の難しさについての評論文でした。さて、翻訳といえば、しばしば話題に上がるのが、ハリーポッター翻訳問題が思い出されます。ハリポタ翻訳問題については、ネットで検索してね(もちのロンさ!)

今回の評論では、翻訳作業は、直訳に注釈をつけまくっておくのが正しいか、日本語として自然な形に置換するのが正しいかという、翻訳について一つの問いを投げかけるというもので、とても面白いものでした。

そういえば少し前にバレンタインで、こんな画像が話題でした。

f:id:kannkiti2013:20190119182905j:image

なるほど言語というのは、感情を伝えるひとつの道具に過ぎないのですね、とかくさいこと言ってみる。

(注ここで言う くさい は、人間の五感におけるところの嗅覚によって感覚する情報のことを言うのではなく、妙に気取った という意味で用いている。これは、演劇のセリフや動作が大げさであることが由来している。)

 

 

大問2 草大好き!庭おじさん

これは入院中の妻がいる、子持ちのおじさんの話でした。このおじさんは、気がかりな妻への気を紛らわすために、月見草という草を庭で育てだしたのです。

それから色々あって友達と田舎へ川遊びしに行きました。その帰りにおじさんは、サナトリウムという療養施設をふと見かけます。

田舎なので、あたりは暗く、サナトリウムはまるで「骸骨のように見え」たそうな。しかし、次第にサナトリウムの部屋の明かりがついてきて、おじさんは、あたかもそこに妻がいるかのような錯覚を起こしてくる。(こりゃたまげたなぁ)

などなど色々あったけど、最後は結局、おじさんが大好きな草が、全てを忘れさせてくれる(危ない薬かな?)のでした。

 

ちなみに大問2の小問の選択肢に、こんなのがありました。

 

サナトリウムがまるで骸骨のように見えたことから、療養中の妻に重ね合わせて‥

 

おじさん、

 

それはひどい笑

 

おそらくこの選択肢が正解ではない(と思うんだけど、どうかなあ)ですが、この選択肢を見たときは、流石にちょっと笑いそうになった。

 

 

大問3 狐、禁断の恋

これは、狐が姫君に恋をする、ラブストーリーです。もちろん、人と獣、叶わぬ恋。この恋の切なさを、和歌を交えながら上手く表現してくるので、読んでいてとても面白かったです。

狐は、雄のくせに女の姿に化けて姫君にうまく接近します。(これはTS物好き歓喜‼︎)

しかし、叶わぬ恋‥ 

最後の和歌に、自分が狐であることを打ち明けたくても打ち明けられぬ、歯痒い心情が込められているような気がして、

和歌ってすごいなぁ

って初めて思いました笑

 

 

大問4 杜甫の話

なんか李白とか杜甫とかよく出るよね。

 

 

 

はい!ということで、何かと話題になりそうな国語でしたかな。ちなみに、英語には、

野菜大好き!庭おじさん

もいました。

 

それとリスニングにも野菜のキャラクターが出てきましたが、これは野菜を食べようとしない現代の若者への啓蒙なのでしょうか?

 

 

ってことで!

2019センター試験まであと46日

 

先日バイト帰りに本屋に行ってみると、親御さんに怒られている中学生の子供がいました。内容に聞き耳を立ててみたら、ハッキリとは聞こえないが、どうやら受験勉強に関しての様だ。

 

公立高校入試も近くなってきて、バイト先の中学生も真剣に勉強に向かい出してきたこの頃である。本屋でのあの様子は、勉強が中途半端な息子を、やはり手放しではいられない親御さんの姿だったのでしょう。

 

ところで、大阪の知人が言っていたことであるが、関西の人たちは勉強ができなくても何とかなるさというマインドがあるらしい。

 

それがホントかは分からないですけど、まあ、何だかんだ学歴は気にする世の中ですよね。一橋大学目指しといてなんですけど、僕はそういう世の中は好きではない、と考えています。

 

結局のところ、どこの大学に入るかということも大事かもしれないですが、やはりその大学で何をするかが重要だろうと思います。最近は就活の面接でも、学歴がどうこうではなく、学生時代に何をしてきたのか、これをよく見ると、知り合いの社会人の方は言ってました。

 

成したいこと(こういうのを「志」とでも言うのでしょうか?)が何もないうちから、勉強に打ち込んだところで、何があるのか?とたまに考えます。

 

勉強しなさい!はよく聞く言葉ですが、志を立てなさい!なかなか聞く言葉ではないですね。そこに、よく表れているかな、と感じます。

 

 

さて、センター試験まであと46日。もちろん勉強頑張りますが、それも、私が大学で成したいことが、まずある、ということを申し上げておきます。

 

 

 

 

 

だから勉強できなくても良い!まず志を立てよう!

実際、志なく生きている大学生は多い。出された課題だけやって、あとは自分がしたいことやってなんとなく大学生活が終わる。 

 

 

 

 

 

 

親に勉強しろと厳しく言われているかわいそうな学生諸君!

何も自分を卑下する必要はないと思います。ただ、自分の成したいこと、将来の夢、志を学生のうちにしっかり定めておく(或いは定めようとする)ことに欠かすことがないやうにしてくれ!

 

 

 

 

 

2019センター試験まであと49日

 

こんばんは。

 

さて、センターまで49日。センター試験の英語ではリスニングがあります。しかし、リスニングに関する勉強法について調べてみると、「ちゃんと聞けば分かる」というものから、詳しく説明してくれているものまで、様々ですね。

 

今日は僕がやっているリスニングの勉強法を話してみることにします。

 

まず最初に、僕が使ってる書物ですけど、おそらくどんな受験リスニング対策の参考書にも挙げられていない教材を使っています。

 

それは、CNN出版のリスニング専門誌です。

これは毎月発刊されている雑誌で、中身は80 words程度の社会的トピックを10記事程度、掲載しています。流れる音声は、ネイティブスピードと、それに比べてゆっくりなスピードで発音する2種類あります。また、それだけでなく、長いインタビュー形式の記事もあります。各記事には日本語訳が添えられており、また、レベルの高い単語にも訳が書いてあります。

 

それでは早速、僕のリスニング勉強過程をご覧くださいだせえ。

 

 

①文章を見つつ、聞いてみる

まずは1記事聞いてみます。しかしネイティブスピードでもゆっくりスピードでも、結構早い上にわからない単語や固有名詞が多いので、なかなか読み取れませんし聞き取れませんがね。しかし!!!!それでもいいので、まず一度聞いてます。

 

 

②わからない単語や熟語にはマーカーを引く

なぜこの書物が受験参考書に挙がらないのか。その理由は、単語のレベルが高いというのが理由の一つになるでしょう。

skyscraper    摩天楼

obscene        わいせつな

Cannabis       大麻

synthetic fiber  合成繊維

これはほんの一部ですが、このような難しい単語もかなりあるので、正直受験レベルを逸脱しているということは間違いないでしょう。他の受験参考書がセンターレベルや大学入試レベルに準拠するように作られているのに対し、こちらはちがうのです。

それは、扱う記事の話題もそうで、僕みたいな大学を中退してもう一度再受験という、ある程度成人した人からしたら、社会的な記事も面白く聞けるのでしょうが、やはり高校生では、聞いても面白くないと感じるはず。

話がそれましたが、わからない単語や熟語などは、80wordsの記事があれば、おそらく8〜12単語は知らない単語がある可能性が高いですが、そういった単語にマーカーでラインを引いて、意味を確認しておきます。

 

 

③何度も聞こう

単語や熟語を確認したら、何回も聞いてみましょう。それは、一日の中で何回も、でも良いし、僕は結構日をまたいで何回か聞いてました。3日前に2回、昨日1回、今日2回みたいな感じで、割と不定期で、そこら辺は結構適当でした。

しかし気をつけるのは、聞き流すのはNGということです話者が何を話しているのか、英文の一言一句が分からなくても、何となくでいいので発話している英文を意識して聞くことです。

 

 

④ある程度聞いたらディクテーション

最後はディクテーション。ディクテーションというのは、流れてくる音声を聞いて、その発音した文を書き出すというものです。大体2〜5words発音されるたびごとに音声を止めて書くということをやっています。もちろん一度で聞き取れなかったり、発音された内容を忘れてしまった時は、聞き取って書き出せるまで聞き直します。しかしそれでも聞き取れない部分があれば飛ばしていきます。

この時気がつくはずです。なかなか聞いても書き出せないことに。そう、英文を一言一句書き出すのは、とても難しいことなのです。逆に言えば、できなくても良いということです。もちろん、聞けるまで聞こうとする努力はするべきですが。

 

 

⑤11月現在の私のリスニング力

この前センターリスニングの過去問を解いたところ、42点と44点でした。

 

 

(最後に)

この雑誌を進めるワケ

CNNのリスニング雑誌は、値段が1000円程度して、難易度も高く、英文は社会的なトピック。受験生にとっては手に取りづらいものだと思います。

 

しかし、この英文の内容を理解することは、リスニングとは別の方面でも利益があるんです。

 

それは英作文。 

 

国立大学なら自由英作文があるのは当たり前ですが、例えば「環境の話」「機械化・AI化」などについて、自分の意見を論ずる問題が課されることはしばしばありますよね。

 

CNNの雑誌は、社会的なトピックに関する知識を蓄えてくれるうえ、雑誌に載っている英文を一部拝借して、英作文でのトピックの例示などに使えるということもできるわけです。

 

僕は、この雑誌はリスニング力を高めるとともに、ライティングも鍛えられるのではないかと考えています。

 

 

(本当に最後)

皆さん、頑張ろうー!

センター試験まであと49日!最近は寒くなりましたが、頑張りましょう。2019年12月1日の私でした!

センター試験まであと50日!

アロハ!

 

最近は寒くなってきました。

 

バイト先の塾生さんは、公立高校入試が近づいてきて、少しずつ勉強に本腰入れてきています。私もバイトしつつ、センターに備えていきたいですね。

 

 

さて、先日私、とある大学生のスピーチを聞く機会がありました。その中で印象的な台詞がありました。

 

日本は遠い国から食べ物を運んで来ることができて、そのくせ多くの食べ物を捨てています。それなのにどうしてアフリカでは、未だに貧困に苦しんでいるのでしょうか?

 

このスピーチを聞いて、国境というものは時に障害になると感じました。今日も誰かが飢えて亡くなる一方で、今日も誰かが余分な食べ物を捨ててしまう。同じ地球の上で、かくも違うとはと、思いました。

 

アフリカではろくに教育の機会が与えられない、というかそもそも学校に行くということが当たり前の事ではないそうです。その一方で、日本では大学に行くのが普通という印象で、義務教育という制度すらあります。

 

そう考えてみると、大学に行く目的を明確にすることは、大事なことだと思いました。

 

 

 

センター試験まであと50日。

なんだかあっという間です。僕は最近、河合塾のセンター問題集(いわゆる黒本)を、英語と数2Bだけ買ってやり始めました。

 

センター過去問では英語とか9割前後行くのに対して、黒本では8割行くか行かないかって感じですから、やっぱり予備校が出してるセンター問題集って、難しく作られているのかなあと感じます。

 

ちなみになんですけど、一橋大学は国数英世Bの4科目で僕は受けますが、この4科目に関しては黒本と青本(駿台のやつ)は買って完璧にしようかなと画策。

 

金かかるけど。

 

まあ、頑張ります。

a declining birth rate and an aging population

 

少子高齢化を英訳した時の1つとして、今回のタイトルにあるような語句が挙げられます。

 

少子高齢化

 

日本は例を見ない超スピードでそこに向かっています。

 

調べて見てください。

 

a declining birth rate and an aging population

 

と。

 

 

そうすると、日本人が書いた記事(もちろん英語で書かれているが)ばかりが検索に引っかかります。

 

これがなにを意味しているでしょうか。

 

日本だけが少子高齢化を問題視しているとも取れますが、恐らくは、日本こそ少子高齢化に直面している最たる国であることを意味しているでしょう。

 

少子高齢化については、過去に少し触れましたが、2050年には日本人口の4割はお年寄りです。この少子高齢化が成された2050年を、私は過去にこう表現しております。

 

 

2050年、文字通り、literally、街が死ぬ。つまり今はdying。死にかけのレディオ。

 

 

dying ってのは 死にかけている という意味ですが、今はそんなことはどーでも良くて笑

 

さてさて、世界で類を見ないこの少子高齢化という異常事態。ぜひ皆で解決策を話し合ってみよう。

 

僕もいろんな人たちと話し合ってみたい。だから僕は大学に合格したら、そんな2050年への啓蒙のためのサークルを立ち上げたいと考えているのです。これも今はどーでも良いね笑

 

  

少子高齢化に伴う様々な問題もいくつか取り上げています。是非、他の記事も見てみてくだちい。

 

 

2019センター試験まであと95日

 

ども。

 

2018年10月16日火曜日の僕です。

 

今日は塾で中学生に英語教えていたんだけど、今の中学生は普通に

 

so〜that‥  

「とても〜なので‥」   「‥ほど〜」

〜enough to‥  

「〜なので‥できる」「‥できるほど十分に〜」

too〜to‥

「〜なので‥できない」「‥できないほど〜だ」

 

を学校で習うんですな。今度の中間テスト範囲らしい。

 

僕の時代の頃は、これらの構文は学校では習わなかったんですよね。高校生になって初めて知りました。

 

時代は進んでいるのだなあと、感じました。

 

 

 

 

ところで、他にもこんな問題がありました。

 

以下の英文を書き換えよ。

My father said to me "Learn something new every day"

 

ここで、

I was said that‥

とか

I was said to learn‥

としてしまったのなら

 

 

です!

 

 

てか、僕も間違えましたけどね笑

 

 

辞書で調べて見ると、sayという動詞は、後ろに普通の英文を挟む(この問題のように)ことができるそうです。

ところが、人を主語にsayの受動態を書くときは、sayした内容を後ろに書くことは無理っぽい。 

 

ただ例外で、

It is said that he is a gifted person.

「彼は才能ある人間だと言われている。」

の文は、

He is said to be a gifted person.

と書くことができるようです。この受動態の文における動作主(つまりsayしている連中)は一般の人々(people)であることに注意ですね。

したがって、

 I was said to learn something new every day by my father.

とは書かないわけです。

It is said that の書き換え以外は、say の受動態に続けて話の内容を書くことはできないというわけです。

 

 

では、肝心の問題の答えはどうなのでしょうか?

 

 

それは、これです。

I was told to learn something new every day by my father.

 

 

中学生のやっとる英語も、舐めてられないなあ、と感じました。

 

 

センター試験まであと95日、

一橋大学前期まであと132日。