Study 2050

2050年問題。これから先の未来、避けては通れぬ困難が私たちを待ち受ける。さて、今を楽しんでいる暇があるの?

人口減少・少子高齢化を回避するには

どうもでーす。

久々に日本の未来について考えていきたいなとか思っておるのじゃー。

現在の日本は、少子高齢化や人口減少によって、国の大幅な作り替えが要求されています。人口減少がもたらす恐ろしい事態の代表例は、以下の記事で詳しく?取り上げています。

pj-one.hatenablog.com

さて、

2019年6月7日、厚生労働省から人口動態統計の発表によって、平成30年(2018年)の合計特殊出生率や出生数の確定値が明らかとなりました。今回はその内容の共有とともに、内閣府が発表した『出生数・合計特殊出生率の推移』を参考にして、日本の人口減少・少子高齢化の原因を探っていければと思います。

 

 

出生数・出生率ともに減少

厚生労働省が今年6月発表した人口動態統計では、合計特殊出生率は1.42で、出生数は統計史上最少の91万8397人という結果となりました。

f:id:kannkiti2013:20190617021241j:plain

グラフを見れば一目瞭然の巻でございますが、しっかしさがってるなー。さてさて、この数値を前年と比較していくと、このようになっています。

f:id:kannkiti2013:20190617022727j:plain

この減少幅を多いとみるか少ないとみるか、人によるってところはあると思うのですが、先のグラフを見ると、いい感じで出生数は減っていますね。出生率はぼちぼち上昇傾向があるように見られますかね。

 

 

出生数に関する観点から

少子高齢化・人口減少問題を語るときにおいては、出生率はどちらかというとまやかしです。というのも、人口減少問題という点においては、出生率よりも出生数が問題になるわけですからね。また、少子高齢化という観点から見ても、若年層の人口数と高齢者の人口数が問題になります。出生数はあまり追っても意味がないのではと思われます。

ちなみに現在、日本の政権は、希望出生率1.8を2025年までに達成するという目標を掲げておりますが、先の観点から言って出生数で示すべきでしょう。

では次に、平成29年と平成30年のデータを用いて、次の値を計算してみましょうかねえ。

f:id:kannkiti2013:20190617024510j:plain

まあ、たぶん統計資料を漁ればそういうデータも出てくるのでしょうが、せっかくなら少し頭を使ってみようという話なだけでござる。

f:id:kannkiti2013:20190617030247j:plain

人口減少問題が言われていることからも推察できることですが、出産適齢の女性人口が減っていることが要因になっているでしょう。また、そもそも出産を控える傾向(もっと言えば、家庭を持たない傾向)があるということも予想できます。

とにかく、ここで重要なのは、これから出生数を増やしていこうと思ったら、その難易度がいかに高いかがより一層鮮明になったということです。出生数という情報だけではとらえきれなかった人口減少・少子高齢化の側面(つまり出産適齢人口の減少)によって、出生数の回復はますます難しいもののように感じられます。

 

 

出生率に関する観点から

先ほど、出生率はどちらかというとまやかしであると言いました。しかし、出生率の増加は、1家庭当たりの子供の出生数の増加を意味しますから、これに乗じて出産する女性の人口が増えていくという理想の状態が実現すれば、もはや出生率まやかしではなくなりましょう(現在はまやかしであるということである)。

さて、出生率が減少しているということは、要するに子供を多く育てる家庭が少なくなっていると見ます。どうしてそのようなことになっているのでしょうか。内閣府が出している資料を見てみよう。

f:id:kannkiti2013:20190617025350j:plain

原因として最も多くあげられるのは、子育てにおける費用だそうです。まあ、なにかと要りようですしおすし。さらに、こんなものも。

f:id:kannkiti2013:20190617025412j:plain

f:id:kannkiti2013:20190617025417j:plain
面白いことに、休日に夫が家事に加わるほど第2子以降を生みやすくなるそう。しかーーーし!日本は他国と比べると……。

結局、1家庭当たりの出生数(出生率)が上がるようになるためには、次の二つの要因に大別できよう。

f:id:kannkiti2013:20190617033431j:plain

 

 

まとめ

はてさて、人口減少・少子高齢化を回避するには、いかにしたらいいのでしょうか。今回の内容をまとめると、安定した家庭・円満な家庭にその解決のポイントがあるように思えます。しかし、出産適齢の女性人口は減るばかりであり、非婚化が進んでいるとも言われる今日、解決のポイントが見えてきたからと言っても、この問題を回避するのは容易なものではないでしょう。

ところで、安定してそれなりの収入を得るのに、夫婦共働きを強いられるような家庭もあるということを考えると、解決のポイントを家庭だけに見出すだけでは決して十全とは言い難い。地域ぐるみで考えていくことも、きっと必要になるでしょう。しかし残念ながら、地域ぐるみの子育ての状況はというと……。

f:id:kannkiti2013:20190617025358j:plain

 

 

 

 

過去の2050年記事についてはこちらから

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

sin cos 総まとめ!

f:id:kannkiti2013:20190615214031j:plain


全6回に渡った内容を踏まえて、最後に総復習と行きましょうか。今回、大学入試問題を5問漁ってきましたので、挑戦してみてください。

※一応今までのやつをまとめました。

f:id:kannkiti2013:20190615214205j:plain

 

 

f:id:kannkiti2013:20190615214206j:plain

f:id:kannkiti2013:20190617174707j:plain

f:id:kannkiti2013:20190615214211j:plain

 

ここまでにござる。

さて、どうでしたか。解答は明日か、明後日くらいに清書して上げますが、ネットで検索すれば解答はあると思いますので。

 


今までの内容は、こちらから。

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

 

受験生の弱点を探る(数学) ~2019河合マーク模試5月より~

 

さあて、今回は数学編をやっていきましょう。

皆さんはご覧になられましたか(このくだり何回やるんだっていう。)

f:id:kannkiti2013:20190611165738j:image

 

ちなみに過去の記事はこちら

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

 

さて、5月の模試の数1Aでは、有理数の条件を問う問題が出題されました。

f:id:kannkiti2013:20190611160559j:plain

正答率は5割程度だったようですが、こういう定義系の問題は、知ってないと難しいですよね。正答率は5割程と申し上げましたが、この有理数条件は、こういう問題でよく使われますな。

f:id:kannkiti2013:20190611160601j:plain

この問題をみて、ああ、そんなのもあったなあと思い出される方もいるかもしれません。実際に解いてみるとこんな感じでしたね。

f:id:kannkiti2013:20190611160608j:plain

f:id:kannkiti2013:20190611160611j:plain

f:id:kannkiti2013:20190611160613j:plain

 

 

 

さて、定義系の問題というと、あの年度のセンター試験が思い出されます。かの2015年度センター試験の数学2Bの平均点は、過去最低39.31点でした。このとき、大問2の初っ端に微分係数(導関数)の定義に関する問題が出題されていました。おそらくこの問題で躓いてしまった受験生が多く、残りの問題を放棄してしまい、平均点が低くなったと考えられます。

f:id:kannkiti2013:20190611160616j:plain

 

このように、定義系の問題が絡んでくることもあるのを注意しましょうねの巻!

 

f:id:kannkiti2013:20190611160620j:plain

f:id:kannkiti2013:20190611160625j:plain

 

 

『数学問題への戦略シリーズ』

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

 

sin と cos が混じった問題への戦略6 絶対値1以下はキーワード

 

どうも。今回で sin cos への戦略は最終回です。

 

今までの記事はこちら

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com 

 

最後の問題はこちら!

f:id:kannkiti2013:20190609211843j:plain

一見して、少しも sin cos は見えないのですが、|x|<=1がキーワードです。結論から言うとこういうことになります。

f:id:kannkiti2013:20190609211916j:plain

sin も cos も、変数θの範囲にもよりますが、基本的には ‐1<=sinθ<=1 ですよね。このことを利用して…

 

 

では解答は以下に。

 

 

f:id:kannkiti2013:20190609211846j:plain

f:id:kannkiti2013:20190609211857j:plain

f:id:kannkiti2013:20190609211900j:plain

 

 

それでは sin cos 戦略編はここまで!次回は総まとめ。

 

 

『数学問題への戦略シリーズ』

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

 

人気記事はこちら

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

受験生の弱点を探る(古文) 〜2019河合マーク模試5月より〜

 

5月に行われた河合のマーク模試の結果が返ってきましたね!

皆さんはもうこの資料を読みましたか?

f:id:kannkiti2013:20190608161740j:image

学習アドバイスや、各大問の正答率などが載っているので、暇な時にでも読んでみると良いかもしれませんね。

(以下、この資料を統計資料と呼ぶことにします。)

 

さて、今回は古文編です!皆さんは解いてみて、どう感じましたか?僕は、長くて読みづらいなと感じました。ってか、正直どんな話なのか、あっさりとしか理解できず、なかなか確信をもって解答を選ぶことができませんでした。

 

ちなみにこの前、英語編をやりました。

pj-one.hatenablog.com

 

さて、古文の問題の中にこんな問題がありましたね。

 

覚悟のほかにて候なり。

の解釈として適当なものを選べ。

 

① たいそう恐縮でございます。

② 思いがけないことであります。

③ よく決心してくださいました。

④ まだ心が決まっていないです。

⑤ もう諦めていただきたいです。

 

この問題の正答率はおよそ30%だったようですが、解答解説や統計資料を見てみると、"ほか"の訳が結構キーポイントだったように思われます。

"ほか"というと、"他"という言葉を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、

ここでの"ほか"は、""の意味で使われているようですね。

(思いのほか、という現代語もこちらの意味で使っているはず。)

 

ところで"覚悟"にはたくさん意味があって、解答解説を見てみると、

覚悟

① 心理を悟ること

② 気づくこと

③ 諦めること

④ 心の準備をすること

⑤ 記憶すること

と、5つありますが、どれも"覚える"や"悟る"に由来する意味だということがわかりますね。今回の問題では、④の意味で使われていたようですが、結局

"覚悟のほか"とは、

心で準備していた範囲の外=思ってもないこと(予想外のこと)

という意味になってくるのでしょう。

"候(そうろう)はここでは丁寧語として、〜です、〜ます の意味で捉えてOKでしょうね。

答えは②だそうです。私は間違えましたがね。はっはっはー!!

 

統計資料を見ると、この"ほか"の訳出を無視しなければもっと多くの受験生が正解できたであろう、と述べられています。

"ほか"="外"

に限らず、割と現代語で解釈可能な古語を、ちゃんと解釈できるかどうか、ってのは大事なんだろうと思います。そういう意味からも、古文慣れは大事だといえるでしょう。

 

最後に、統計資料に載っていた古文の学習アドバイスを簡単にまとめました。

古文学習アドバイス

1.語彙力を増やそう

2.基本的な文法をマスターしよう

3.多くの古文を読もう

 

このブログでも、これからいろんな古文を扱った記事を書いていくつもりですので、もしいろんな古文を読んでみたいと思う方がいれば、また当ブログへお越しください。ではまた!

 

 

『数学問題への戦略シリーズ』というのも書いていますので、良かったら。

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

 

 

 人気記事はこちら

pj-one.hatenablog.com

 

sin と cos が混じった問題への戦略5 1をうまく扱おう

 

さあ、やっていきましょう。今回の問題は、こちら!

f:id:kannkiti2013:20190607130036j:plain

さて、早速解いてみてくださいな。

 

私が書いている『数学問題への戦略シリーズ』の他の記事は、こちらからどうぞ。

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

 それでは、解答は以下に。

f:id:kannkiti2013:20190607130039j:plain

f:id:kannkiti2013:20190607130047j:plain

今日の副題は、1をうまく扱おう、でした。1という数は、sin の2乗と cos の2乗の和で表すことができるという観点から問題を攻めていくということです。今回の問題のように、1が掛けられているときは1が見えないですから、結構難しいですよね。

f:id:kannkiti2013:20190607130049j:plain

さて、それでは最後にこの問題を解いてみましょう。過去に扱った戦略も意識して、問題に取り組んでみてください。

f:id:kannkiti2013:20190607130054j:plain

 

解答は後ほど。

 

人気記事はこちら

pj-one.hatenablog.com

受験生の弱点を探る(英語) 〜2019河合マーク模試5月より〜

どうも。受験生の皆さん、5月5日の全統マーク模試の結果、返ってきましたよね。お望みの結果が出た方も、期待外れの結果が出た方も、まだまだこれからなので、頑張っていきましょー!!

ところで、返却された模試の結果と共に付いてくるこの冊子、

f:id:kannkiti2013:20190606234110j:image

中身はしっかりご覧になりましたか?正答率が悪かった問題などを中心に、今後の勉強の方針を教授してくれているので、参考にしてみたら良いかと思います。

今回は、英語の問題で正答率が悪かった文法のとある問題に関連していきたいです!

テーマは前置詞!weblioに載っていた意味のうち、大事そうな意味をまとめてみました。5月河合マーク模試の受験生が苦手としていた前置詞をいち早く使いこなせるようになれば、差がつくこと間違いなしなのです!

 

out

貸出中で

The book you wanted is out.

 


(花などが)開いて

The leaves are out.

 


最後まで完全に

I was tired out.

 


流行しなくなる

The dresses are out.

 


はずれて狂って

The bill is 10.000yen out.

 

 

 

in

〜の状態に

I went to school in bad health.

 


(職業・所属を表して)〜して

「彼女はパソコン関係の仕事に就いている。」

She is in computers.

 


(数量などを限定して)〜において

I and you are equal in strength.

 


(割合を表して)〜につき

「千人に一人できる。」

One man in a thousand can do it.

 


(道具・材料を表して)〜で(作った)

I wrote an contract in pencil.

 


在宅して

Is he in?

 


(季節などが)きて

The summer is in.

 


(食品などが)盛んで

Oysters are now in.

 


流行して

「タピオカジュースが流行っている。」

Bubble tea is in.

 

 

 

on

〜に基づいて

I will study English on the condition that you let me play the game.

 


〜の最中で

A policeman on patrol

 


(目的・用事を表して)〜のために

on business

 


〜について・〜に関する

I take notes on a lecture.

 


(水道やガスなどが)出て・通って

The radio is on.

 

 

 

to

〜に合わせて

You dance to the music.

 


(付属・関係・関連を表して)〜の

There is a key to the door.

 


(ドアなどが)閉まって

He pushed the door to.

 

 

 

with

(選択を表して)〜次第で

The choice is with you.

 

 

 

of

(年齢形状色彩を表す時)〜の

girl of ten

 


名詞+of+a=〜のような

a mountain of a wave

 

 

 

 

全統記述の結果は今月末くらいだそうですから、そちらの方も返却されたらじっくり復習していきたいなと思います!では!

 

 

こんな記事を書いています。

『数学問題への戦略シリーズ』

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com

 

2050年問題について

pj-one.hatenablog.com

pj-one.hatenablog.com